格安でECサイトが作れる!?アマゾンキラー『Shopify』の正体とは?

ビジネスモデル

こんにちは、ショウタカです。

今回紹介するのはEコマースの業界に突如として現れた「Shopify」について紹介したいと思います。

「ECサイトを作りたいけど何から始めたらいいのか分からない」

「Shopifyって何?」

こんな方に向けた記事です。

この記事を読んで得られる情報

  • Shopifyのビジネスモデル
  • Shopifyを導入すべき店舗
  • Shopifyの主な機能
  • Shopify利用の料金体系
  • Shopifyでの商品の販売方法
  • Shopifyを利用するメリットとデメリット

この記事を読んで欲しい人

  • Shopifyの導入を検討している人
  • ECサイトを作ろうとしている人
  • アマゾン以外でのECをやりたい人
  • Shopifyのビジネスモデルについて知りたい人

Shopifyのビジネスモデル

あなたはネット通販で買い物をしますか?

もし買い物をするならShopifyのビジネスモデルについて知っておいて損はありません。

最近ではEC(電子商取引=ネットを介して商品の売買が行われること)がブームになっていますね。

このECの世界に新しい風を吹かせているのが、通称『D2C』(Direct to Cosumer)です。

『D2C』はブランドがデジタルを使って直接消費者へアプローチして、商品を販売するビジネスモデルです。

この『D2C』を裏で支えているのが、今回紹介する『Shopify』です。

現在では、あのGAFAの株価上昇率を上回る勢いで急成長しています。

なぜこんなにも急成長しているのか?

その理由は、アマゾンとは真逆の方法で作られたShopifyのビジネスモデルにあります。

あなたがアマゾンで何か商品を買うときを思い返してみてください。

「アマゾンのホームページに行って、いろんな商品を比較して、一番気に入ったものを買う。」

当たり前ですよね。

だけど、あなたがブランドの商品を販売する側に立ってみると、

「競合の商品よりもいいものを安く提供して、アマゾンのオリジナルブランドよりにも勝たなければならない。」

ブランドがアマゾンで自社ブランドの商品を売るのがとても大変な事が分かってもらえると思います。

そこで立ち上がったのが、「Shopify」。

ShopifyはブランドのためのECサイトのプラットフォームを提供するサービスです。

もっと簡単に例えて言うと、Shopifyが使いやすいドリルを作る。

そして、ブランドがそのドリルを使って商品を売るためのECサイトという名の屋台を作るようなものです。

こうすれば、ブランドは自分だけのECサイト(屋台)が作れるので、商品が売りやすくなります。

ちなみに、電気自動車で有名なテスラもShopifyで販売サイトを立ち上げました。

Shopifyを導入すべき店舗

  • 越境ECをしたい人
  • コストを抑えたECサイトを作成したい人
  • 店舗があるのに、まだECサイトを作っていない人

越境ECをしたい人

世界中の決済方法や言語、さらに税率にも対応しているShopifyは、世界175カ国以上で利用されているため、 世界中の消費者に商品を届ける事ができます。

訪日外国人観光客が増え続け、注目を浴びている今、日本から世界に発信していくことは必須になっています。

コストを抑えたECサイトを作成したい人

今まではブランドが独自のECサイトを持つとなると、サイトの開設から運営までとてもお金がかかりました。

しかし、Shopifyを使えば、最安で$29から始められます。

店舗があるのに、まだECサイトを作っていない人

実店舗販売に対応した「Shopify POS」というiPadアプリを使えば、オンラインと実店舗販売を1つのサービスの中で完結させることができます。

Shopifyの主な機能

  • テーマストアから自分のお気に入りのテーマを選べる
  • 独自の決済システムを使える
  • アプリの追加でストアのアップデートができる

テーマストアから自分のお気に入りのテーマを選べる

ブランドがオンラインストアの開設で困るのが、サイトのデサインです。

Shopifyなら無料のものから、有料のものまで自分のブランドにあったテーマを選ぶだけで、作れてしまいます。

独自の決済システムを使える

ECサイトならオンライン決済は必須。

Shopifyではクレジットカードでの決済はもちろんできます。

さらに、独自の決済システムである「Shopify Pay」を使えば、ユーザーの登録情報が保存できて、次回の買い物がもっとスピーディーにできてしまいます。

アプリの追加でストアのアップデートができる

アプリストアからマーケティング・SNSとの連携・配送の手配・SEO対策・商品配送時の送付状の印刷など、サイトを使いやすくするためのアプリが2,000以上用意されています。

Shopify利用の料金体系

Shopifyのベースの料金は大きく分けて3つ。

ベーシック・スタンダード・プレミアム

さらにアプリを追加するための追加料金が発生する仕組みになってます。

参照URL▶ https://www.shopify.jp/pricing

Shopifyでの商品の販売方法

Shopifyはさまざまな販売方法に対応しています。

  • オンラインストア
  • 実店舗販売
  • SNSを使った販売(FacebookやInstagramに対応)

オンラインストア

スマートフォンでの閲覧に対応したオンラインストアがあれば、実店舗を持っていなくても商品を販売することができます。

実店舗販売

実際にものを見てから買いたいユーザーにとっては実店舗はとても大切です。

SNSを使った販売

日本ではまだあまり見慣れていないですが、最近ではFacebookやInstagramで直接商品を買いたいユーザーが増えています。

Shopifyを利用するメリットとデメリット

Shopifyを利用するメリットとデメリットはありすぎて、記事が長くなってしまうので、別に記事にまとめてあります。

▼こちらから▼

まとめ

「Shopify」に興味を持ってもらえたでしょうか?

あなただけのECサイトを持てれば、ブランドとしての価値も高まります。

興味を持った方はこちらから▼

https://www.shopify.jp/

人気記事 瞬間男子りっくんの「発信の教科書」をレビューしてみた

人気記事 入会して2ヶ月目で西野亮廣エンタメ研究所を退会した理由